蟲ノ目

  • 2012.02.10 Friday
  • 10:39

  こんにちは、しろたみずきです。
イベントではサークルスペースに椅子が二つしかない(メンバーは3人)ということもあり高確率で留守番しているぼくですが
参加したふたりが持ち帰ってくる同人ゲームを、空腹の雛鳥のような心境で待ち構えております。

というわけで今回、サークル【ヨツツジエコー】様から頂いたという同人ゲーム【蟲ノ目】をプレイしたのでそのレビューをします!
                           

ヨツツジエコー様HP→http://yotsutsuji.com/


 この作品は、ごく普通の女子大生である二條久保は、蟲に関わる伝説を求め親友の三荊に連れられ刑部村を訪れる。
そこで各々の蟲に象徴される能力を宿した者たちによる蟲毒と呼ばれる戦いに巻き込まれていく―というお話です。


 厨二作品と聞いたので、かわいい系の絵とは合わないのでは?と思いましたが、むしろお互いの属性が際立って良い感じです。
1ユーザとして、そしてクリエイタ見習いとしても非常に興味深いものに仕上がっていました。
 
 前述の通り絵はすごくかわいいです。線も塗りもシンプルですが人体の構造などのポイントは押さえてある。
絵を描くのが好きで上手なひとの絵、という感じで憧れます。立ち絵差分も多く、努力と情熱がモニタ越しに伝わってくるようでした。
 
 シナリオのほうはと言うと、四章あるうちの一章ということで戦いの目的など重要な部分にはまだ触れられていないように思います。
蟲や組織についての謎とともに語られていくのでしょうか。先が楽しみです。
また、キャラの名前や能力など厨二心をくすぐるネーミングセンスでいいですね。
例えば、名前・四月一日(わたぬき)蟲・蚯蚓(みみず)能力・回帰(リセット)のような。
 
 総じて、かなりの良作であると思います。個人的推しキャラは五百雀(いおじゃく)さんです。かわいいし良い娘なんですが
力のほうが不死身っぽい3人に対してあまりに無力な印象(主人公以外の残りの方にも?)。
主人公も覚醒したことだし、彼女にも覚醒してほしいです。

それでは 今日はこのへんで失礼します。






 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

アクセス



selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM